bar miyako and JB’s first cocktails

 

伝説のスパイ、ジェームズ・ボンド007といえば誰もがウオッカ・マーティーニ(ステアではなくシェイクで)やヴェスパー・マーティーニを連想するかと思いますが、実は、ジェームズ・ボンドは他にも多くのカクテルを口にしてます。中でも、最初のボンド作品となった1953年のイアン・フレミングの小説、「カジノ・ロワイヤル」で007が一番最初に注文するカクテルは、カンパリとスイートベルモットとソーダで作るアメリカーノ(写真右)なのです!アメリカーノはイタリア発祥のカクテルですが、一説では禁酒法時代のアメリカ人がイタリアでよく飲んでいたことから名前がついたとのこと。小説の中ではボンドは度々アメリカーノを口にしています。

また、2006年のダニエル・クレイグ主演の映画版「カジノ・ロワイヤル」でボンドが最初に注文するカクテルはマウントゲイのソーダ割りです!実際に出されて飲んでいたのがマウントゲイのコーラ割り(写真左)ですが、マウントゲイは作者のイアン・フレミングもお気に入りだったバルバドスのラムで、極上のサトウキビの糖蜜とカリブ海諸島で唯一のサンゴの地層によって濾過された純水からなる逸品です。

今週の #barmiyako は、21日(祝)はお休みさせていただきますが、それ以外は月〜土、19時〜25時まで営業しておりますので、ご興味のある方は是非遊びにいらしてください!007ファンの方でもそうでない方も歓迎です!

The legendary spy James Bond 007 is famous for his love of martinis, such as the vodka martini (shaken, not stirred) and the Vesper martini (his very own creation), but he actually does drink a variety of many other cocktails while saving the world and seducing beautiful women. In fact, the very first cocktail Bond orders in the 1953 Ian Fleming novel “Casino Royale,” is an Americano (photo right) – a drink made with Campari, sweet vermouth and soda. The cocktail, which appears a number of times in the novels, originated in Italy and is said to have been the favorite drink of American ex-pats during Prohibition, hence the name.

In the 2006 movie version of “Casino Royale” starring Daniel Craig, the first drink Bond orders is “a large Mount Gay with soda,” which results in a Mount Gay and coke being served. Mount Gay is a rum from Barbados, made with exceptional Barbadian sugar molasses and pure water filtered from coral limestone, of which the island is made. The rum is said to have been favored by Fleming – a well-known rum drinker.

bar miyako will be closed on Wednesday, March 21 for a national holiday, but will be open all other days between Monday to Saturday, 7pm to 1am, so please stop by if you’d like a taste! James Bond fan or not, you’re all welcome, so I hope to see you soon!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA