bar miyako and chicken cock whiskey

今週のご紹介は米国の「チキン・コック・ウィスキー」です。1856年にケンタッキー州で設立。19世紀に人気を博し、禁酒法時代にはコットンクラブなどのスピークイージでの定番品となったそうです。その後、蒸留所が焼失し、1950年代に市場から一度姿を消しましたが数年前に復活!2016年には設立160周年を記念したチキン・コック・ウィスキー、ブートレッガーズブレンドが発売されました。

ブートレッガーズの構成はライ麦51%、とうもろこし45%、麦芽大麦4%となっており、ややパンチの効いた辛めの味わいですが、アメリカの歴史を感じます!ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください。

今週も #barmiyako は月曜〜金曜の19時〜25時、土曜の19時〜24時まで営業しております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

We have a new spirit – Chicken Cock Whiskey! Established in Paris, Kentucky in 1856, Chicken Cock gained popularity during the 19th century, becoming a staple of Prohibition-era speakeasies, including the Cotton Club, where it was imbibed by jazz greats like Duke Ellington. It then disappeared from the market in the 1950’s after the original distillery burned down, but was recently restored a few years ago.

In 2016, the Chicken Cock Bootlegger’s Blend was released to celebrate its 160th anniversary. With a mash that is 51% rye, 45% corn and 4% malted barley, the whiskey is short, spicy and lovely, so please come in if your interest is piqued.

This week, bar miyako is open as usual from 7pm to 1am on weekdays and from 7pm to 12 midnight on Saturday. Hope to see you all back at the bar again soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA