bar miyako and rugby spirits

今週からいよいよラグビーW杯ですね! #barmiyako ではラグビーをテーマにしたお酒もご用意しておりますので、一緒に盛り上がりませんか。

写真右はダグラスレインのブレンデッドアイラモルト、ビッグピートのご当地エディション!「東京エディション」、「京都エディション」に続き、今年は富士山をあしらった「ジャパン ラグビーエディション」(おじさんのジャージにも日の丸が!) 今回もアイラ好きはおそらくたまらない、塩気を強調した特別ブレンドとなっております!

左はウェールズの蒸留所、ペンダーリンの「ザット トライ」。1973年にオールブラックスがウェールズに遠征した時に対戦した地元バーバリアンズのガレス・エドワーズ選手が決めたトライが「ラグビー史上最高のトライ」と称されたことを記念して造られた、甘く香ばしく、ほんのりスモーキーなウィスキーです。ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!

今週は9月16日(月)は祝日のため定休日となりますが、火曜から土曜日までは通常営業です!皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

The Rugby World Cup is almost upon us! Why not celebrate with some rugby-themed spirits at bar miyako?

Pictured right is Douglas Laing’s limited edition “Japan Rugby Edition,” which — like its predecessors the “Tokyo Edition” (2017) and “Kyoto Edition” (2018) —  is a sumptuously salty, specially blended Islay scotch.

To the left is Penderyn’s “That Try,” an elegantly sweet and slightly smoky Welsh whisky which honors the legendary try scored by Gareth Edwards of the Barbarians against the All-Blacks in 1973 in Wales.  Please stop by for a taste if your interest is piqued. 

This week, we’re closed on Monday, Sep 16 for a national holiday, but open as usual from Tuesday to Saturday, so hope to see you all back at the bar soon! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA