bar miyako and timorous beastie

2020年は子年とうことで、今週はボトルにかわいい二十日鼠が描かれたダグラスレイン社のブレンデッドモルト「ティモラス ビースティ(臆病な小動物)」のご紹介です!

ダグラスラインといえば、ごっついおじさまがボトルに踊るアイラブレンド「ビッグピート」でおなじみですが、「ティモラス…」はハニーバタートーストのような甘くてフローラルなハイランドブレンドです。

そして名前の由来はスコットランドの国民的詩人、ロバートバーンズの詩「二十日鼠へ」に登場する、突如人間のクワによって一所懸命作った巣を壊され、逃げ惑う臆病(ティモラス)で気の毒な小動物のネズミ(ビースティー)です。一寸先は闇!の「不確実な未来」に思いを馳せながら一杯いかがですか(笑)

余談ですが、1月25日はスコットランドでバーンズファンが彼を讃えるために行う「バーンズナイト」だそうです!ファンの方もぜひ、一緒に一杯傾けましょう。

今週の #barmiyako は通常通り平日19 時〜25時、土曜の19 時〜24時まで営業してます。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

To commemorate 2020 being the Year of the Mouse in Japan, this week’s spotlight is on a scotch named after a mouse – Douglas Laing’s Highland malt blend, “Timorous Beastie.”

Many of you may know Douglas Laing for its peaty and punchy Islay malt blend “Big Peat,” but Timorous is a sweet, rich, floral blend reminiscent of honey toast.

The name is taken from the poor timorous beastie which has its nest destroyed and life upended by a plough in “To a Mouse,” written by Scottish poet Robert Burns. Why not ponder the fickle fate of mice and men over a glass of Timorous?

It was also pointed out to me that January 25 is Burns’ Night in Scotland, where the poet is commemorated by his fans. Another perfect reason to try some Beastie!

bar miyako is open as usual this week from 7pm to 1am on weekdays and from 7pm to 12 midnight on Saturday. I hope to see you all back at the bar!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA