bar miyako and casino royale cocktails

ジェームズボンド007の最新作の公開が秋まで延期されましたが、その間、ボンドカクテルをおさらいするのはいかがですか。今週はイアン・フレミングが1953年に執筆したボンド小説第1作で、2006年の映画版でダニエル・クレイグのボンドデビューにもなった「カジノロワイヤル」に注目してみました。

小説、映画共に一番有名なのは、007自身がレシピを考案し、愛する女性にちなんで名付けたジンとウォッカで作る「ヴェスパーマーティーニ」ですね。強いお酒ですが、すっきりとした飲み口がたまらない一杯です。

でも他にもあります!小説で最初に登場するのが、カンパリをベースにしたアメリカーノというイタリア発祥のカクテル。一説では禁酒法時代のアメリカ人がイタリアでよく飲んでいたことから名前がついたとのこと。また映画版でボンドが最初に注文するのはマウントゲイのソーダ割りです。マウントゲイはフレミングもお気に入りだったバルバドスのラムで、サトウキビの糖蜜とカリブ海諸島で唯一のサンゴの地層によって濾過された純水で作られてます。

がっつりとしたカクテルがお好きな方からお酒がそんなに強くない方でも幅広く楽しめるボンドカクテル、ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!今週は休まず平日の19時〜25時、土曜の19時〜24時まで営業してます。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

While the new James Bond film has unfortunately been delayed for a while, why not use the time to go over (and of course drink) 007’s favorite cocktails? This week, I’ve focused on the cocktails of Casino Royale (the first Bond novel published by Ian Fleming in 1953 and the first Bond film to feature Daniel Craig in 2006).

Most famous, of course, is the Vesper martini (Bond’s very own creation), named after the love of his life and made with “three measures of Gordon’s; one of vodka; half a measure of Kina Lillet,” shaken over ice and served with a think slice of lemon peel. A heavenly creation for those who like their martinis shaken, not stirred.

But Bond actually drinks some other cocktails while saving the world and seducing beautiful women. His first drink in the novel is an Americano – a Campari-based cocktail said to have originated in Italy as the favorite drink of American ex-pats during Prohibition, hence the name. In the film, the first drink Bond orders is “a large Mount Gay with soda.” Mount Gay, one of Fleming’s favorite rums, is made in Barbados from pure water filtered from coral limestone, of which the island is made.

Whether you’re the martini-type, or someone who prefers your drinks a bit lighter and fizzier, I can find you the perfect Bond cocktail, so please stop by if your interest is piqued! This week, #barmiyako is open as usual from 7pm to 1am on weekdays and from 7pm to 12am on Saturday.

bar miyako and irish gins

今週はアイルランドの祝日、「セント・パトリックス・デー(3月17日)」にちなんでアイルランドのジンのご紹介です!大々的なお祝いができない昨今ですが、アイルランドに思いを馳せながらしんみりとジンを味わうのはいかがですか。

左から、新スターウォーズシリーズでルークの隠れ家のロケ地周辺で作らたディングル、アニスとラベンダーの効いたクリーミーな北アイルランドのエクリンビル、中国の平水珠茶(へいすいすちゃ)を使用したガンパウダー、そしてウイックロウ地域の四季折々の素材を使用したグレンダロウ。

ジン以外にも、アイリッシュ・ウィスキー(ジェムソン、ブッシュミルズ、タラモアデュー、カネマラ、ライターズティアーズ)やアイルランドの国民的飲料、ギネスもございますのでご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!

今週は月〜木の19時〜25時まで営業しております!なお、20日(金)は祝日(春分の日)のため、21日(土)は臨時休業のためお休みとなります。ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

This week, I’m highlighting my Irish gins ahead of St. Patrick’s Day. While large-scale celebrations may be difficult amid the current climate, why not come in for a quiet drink in honor of the Irish patron saint?

My collection, from left: Dingle, distilled near Luke’s hideaway in the new Star Wars series, the creamy anise and lavender-flavored Echlinville from Northern Ireland, Drumshambo Gunpowder infused with Gunpowder green tea and Glendalogh, made with seasonal botanicals from Wicklow. I also have Irish whiskeys (Jameson, Bushmills, Tullamore Dew, Connemara, Writers’ Tears) and of course, Guinness, so please stop by for an infusion of Irish spirit!

This week I’m open as usual from 7pm to 1am from Monday to Thursday, but please just note that I’ll be closed on Friday, March 20 for a national holiday and on Saturday March 21 for the long weekend. Apologies for any inconvenience but thank you for your understanding!