bar miyako and gin relay: opihr gin

こちらはフェースブックで投稿したものですが、ウェブサイトでもシェアさせていただければと思います。

***

「ジンリレー」
バーKnightの石川さんから #ジンリレー のバトンをつないでいただきました。思い出のジンとエピソードを語り、2人に繋ぐという企画ですが、頑張ってチャレンジします!

<オピア>
周囲の心配と反対をよそに会社を辞め、夢だったバーを開業するために学校に通っていた3年前。家で練習するためのジンを買いに行ったところ、見たことのないこのジンが。ボトルの美しさにつられ購入したところ、衝撃が走りました。なんじゃこりゃ〜?!まさかの…カレー味?!

ここまでスパイスで個性が出せるものかとびっくりし、ジンの奥深さに気づかされました。そこから私の終わりなきジン巡りの旅が始まり、いつの間にかお店には世界のジンがたくさん並び、ジン好きの方も集まってくださるようになりました。大好きなジンはたくさんありますが、このカレー味のジンと出会えたことに感謝する日々です。

そして、いただいたバトンはバー学校時代に一緒にジントニックを作り、苦楽を共にした大好きな女性バーテンダー2人に託したいと思います!

荒木町の Bar一葉の山口七重さんと横浜の Bar La Pommeの佐野夏織さん、どうぞよろしくお願いします!(私たち、一部では三姉妹と呼ばれてます。笑)

A good friend and fellow bartender nominated me for the Facebook “gin relay,” where you introduce a memorable episode involving gin, and then pass the baton to two other people. I thought I’d share this here for all you gin lovers out there.

Gin Relay : OPIHR gin

Three years ago, when I was attending bar school after leaving the corporate world, I stumbled upon this gin at the local liquor store. Enchanted by the label, I took it home and found, to my utter surprise, it tasted like curry!

Floored by how gin could be so amazingly unique, I started on a quest to taste as much gin as I could, and before I knew it, my bar was lined with gin from around the world, and filled with people who love the spirit. While there are many gins that I love and believe worthy of highlighting, I am most grateful for the twist of fate which led me to this curry-flavored bottle.

And to pass the baton, I nominate two lovely ladies – my friends and fellow bar school class mates, who I spent countless hours making gin and tonics with. Nanae Yamaguchi, who runs Bar Ichiyo in Yotsuya and Kaori Sano, who runs Bar La Pomme in Yokohama – you’re up next!

bar miyako and casino royale cocktails

ジェームズボンド007の最新作の公開が秋まで延期されましたが、その間、ボンドカクテルをおさらいするのはいかがですか。今週はイアン・フレミングが1953年に執筆したボンド小説第1作で、2006年の映画版でダニエル・クレイグのボンドデビューにもなった「カジノロワイヤル」に注目してみました。

小説、映画共に一番有名なのは、007自身がレシピを考案し、愛する女性にちなんで名付けたジンとウォッカで作る「ヴェスパーマーティーニ」ですね。強いお酒ですが、すっきりとした飲み口がたまらない一杯です。

でも他にもあります!小説で最初に登場するのが、カンパリをベースにしたアメリカーノというイタリア発祥のカクテル。一説では禁酒法時代のアメリカ人がイタリアでよく飲んでいたことから名前がついたとのこと。また映画版でボンドが最初に注文するのはマウントゲイのソーダ割りです。マウントゲイはフレミングもお気に入りだったバルバドスのラムで、サトウキビの糖蜜とカリブ海諸島で唯一のサンゴの地層によって濾過された純水で作られてます。

がっつりとしたカクテルがお好きな方からお酒がそんなに強くない方でも幅広く楽しめるボンドカクテル、ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!今週は休まず平日の19時〜25時、土曜の19時〜24時まで営業してます。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

While the new James Bond film has unfortunately been delayed for a while, why not use the time to go over (and of course drink) 007’s favorite cocktails? This week, I’ve focused on the cocktails of Casino Royale (the first Bond novel published by Ian Fleming in 1953 and the first Bond film to feature Daniel Craig in 2006).

Most famous, of course, is the Vesper martini (Bond’s very own creation), named after the love of his life and made with “three measures of Gordon’s; one of vodka; half a measure of Kina Lillet,” shaken over ice and served with a think slice of lemon peel. A heavenly creation for those who like their martinis shaken, not stirred.

But Bond actually drinks some other cocktails while saving the world and seducing beautiful women. His first drink in the novel is an Americano – a Campari-based cocktail said to have originated in Italy as the favorite drink of American ex-pats during Prohibition, hence the name. In the film, the first drink Bond orders is “a large Mount Gay with soda.” Mount Gay, one of Fleming’s favorite rums, is made in Barbados from pure water filtered from coral limestone, of which the island is made.

Whether you’re the martini-type, or someone who prefers your drinks a bit lighter and fizzier, I can find you the perfect Bond cocktail, so please stop by if your interest is piqued! This week, #barmiyako is open as usual from 7pm to 1am on weekdays and from 7pm to 12am on Saturday.