bar miyako and whistlepig farmstock rye

ライウィスキー好きな方に朗報です。米バーモント州を拠点とするホイッスルピッグ社の限定リリース「ファームストック」ライを入荷しました!

日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、2007年に誕生したホイッスルピッグは、近年のアメリカンライウィスキー復権の立役者として米国では名を馳せています。ライ麦100%で「トリプルテロワール」製法(地元バーモント州で収穫された穀物から抽出、バーモントオーク樽で熟成、地元の水で瓶詰め)が特徴です。

今回入荷したファームストックはまだ若いトリプルテロワールのウィスキーにカナダと米インディアナ州の熟成されたウィスキーをブレンドしたものになります。白いラベルの001はバーモント20%、6年物のカナダ産50%、12年物のインディアナ産30%のブレンド、黒いラベルの002はバーモント32%、6年物のインディアナ産約45%、10年物のカナダ産約23%となっています。

どちらもホワイトチョコレート、バニラビーンズや洋梨を彷彿とさせる甘い香にシナモンやライのスパイシーさが加ったスムーズな味わいで、とろけるほど美味しい!001はストレートがおすすめ、002はソーダ割りでもいけますのでご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください。

今週から新年度がスタート!#barmiyako は通常通り平日の19時~25時、土曜日の19時~24時まで営業しています。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

#barmiyako has some good news for rye whiskey lovers. We now have some limited-edition Farmstock rye from Vermont-based distiller WhistlePig!

While the WhistlePig name may not be too familiar (yet) in Japan, it’s revered in the US for putting American rye whiskey firmly back on the map with its 100% rye “Triple Terroir” (distilled from local Vermont-harvested rye, aged in Vermont white oak casks and brought down to bottling proof with Vermont water) whiskeys.

The Farmstock series blends young Triple Terroir rye with aged Canadian and Indiana whiskeys, with Crop 001 (white label) having a mix of 20% Triple Terroir, 50% 6-year Canadian and 30% 12-year Indiana rye. Crop 002 (black label), comprises 32% Triple Terroir, 45% 6-year Indiana whiskey and 23% 10-year Canadian whiskey.

Both have a delightful aroma of white chocolate, vanilla beans and fresh pears with an amazing taste that combines full-bodied rye spiciness with notes of cinnamon, with Crop 002 being a tad edgier than Crop 001. Why not try 001 neat and 002 with some soda? If this sounds like your thing, please stop by!

This week marks the start of the new fiscal year in Japan but #barmiyako will be open as usual from 7pm to 1am weekdays, 7pm to 12 midnight Saturdays. Hope to see you all again soon!

bar miyako, james and jack

伝説のスパイ、ジェームズ・ボンド007が飲むお酒といえばマーティーニやスコッチが有名ですが、実はバーボンやテネシー・ウィスキーも飲んでます。ピアース・ブロスナンのボンドデビュー作となった「ゴールデンアイ」で新しい女性上司Mと初めて対面するシーンでジャック・ダニエルが登場!前任者のコニャックをジャックに変えたMからは、今までのMにはなかった強さとかっこよさが感じとれた非常に印象的なシーンでした。

#barmiyako ではスタンダードのジャック・ダニエル・ブラック No. 7 に加え、ブラックを2度濾過したジェントルマン・ジャックと単一の樽のみから瓶詰めされたシングル・バレル・セレクトを揃えてますので、ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!

今週は月曜〜金曜の19時〜25時まで営業しておりますが、16日(土)は臨時休業とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

While James Bond is famous for drinking martinis, from time to time, he’s known to down a glass of bourbon or Tennessee whiskey. Most iconic may be the scene in Goldeneye, when Pierce Brosnan’s new James Bond meets with Judi Dench’s new M, and he finds she has replaced her predecessor’s cognac with … Jack Daniel’s! Her choice of drink was no doubt a sign to Bond that a sharper and tougher M was in charge, and sharper and tougher she was, until the very end.

at bar miyako, we have the standard Jack Daniel’s Black No. 7, the double charcoal mellowed Gentleman Jack and the Single Barrel Select, so please stop by if you’d like a taste.

bar miyako is open as usual this week from Monday to Friday from 7pm to 1am, but please note that we’ll be closed on Saturday March 16. Thank you so much for your understanding and I hope to see you all again soon at the bar!