bar miyako and summer cup / holidays

 

9月になりましたが、もう少しだけ夏を満喫したいという方にはシップスミス・サマー・カップがおすすめです!サマーカップとはシップスミス ジン にサマーフルーツ、アールグレイ、レモンバーベナときゅうりのフレーバーを加えた薬草系リキュールで、フルーツやきゅうりなどを添えたレモン炭酸割りや、シンプルなトニック割りでも美味しくいただけます!ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください。

なお、今週の #barmiyako ですが、月曜〜金曜の19時〜25時まで営業いたしますが、9月8日(土)〜9月12日(水)の期間は少し遅めの夏休みのため、お休みさせていただきます。ご了承のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

【夏季休業のお知らせ】
9月8日(土)〜9月12日(水)

September is here, but for those of you who want to hang on to summer just a little bit longer, why not try a Sipsmith Summer Cup? Made with Sipsmith London Dry Gin,  the liqueur blends a host of summery ingredients, including infusions of Earl Grey tea, lemon verbena and cucumber. Great with lemon soda and garnishes of fresh fruit and cucumber or just with tonic, the gin is a great way to say goodbye to the season, so please stop by if you’re interested! 

This week, bar miyako is open from Monday to Friday from 7pm to 1am, but please note we’ll be closed for summer holidays from Saturday, September 8 to Wednesday, September 12. Thank you so much for your understanding!

【bar miyako summer holidays】
Closed: Saturday, September 8 ~ Wednesday, September 12

 

bar miyako and sipsmith gin

 

#barmiyako では多くのクラフトジンをご用意していますが、今週ご紹介するのは、2009年にロンドンで創業したシップスミス社のジンです。銅製の超小型蒸溜器を使用しているのが特徴で、ロンドンで銅製の蒸溜器が稼動したのは1820年以来とのこと。蒸溜器の形状が白鳥に似ていることからこのようなラベルのデザインになったそうですが、蒸溜器にはなんとお茶目にもコンスタンス、プルーデンス、ペイシャンスという女性の名前もついているとのことです。

左から、スッキリクリアなロンドンドライジン。ジュニパーがドライジンの2倍も使用され、味のパンチもアルコール度数(57.7%)もぶっちぎりの V.J.O.P (Very Junipery Over Proof)。カクテルのシンガポールスリング誕生100周年を記念してシンガポールのラッフルズホテルだけのために作られた、ジャズミンやレモングラスなどのアジアンボタニカルの効いたラッフルズ1915。それぞれの特徴を生かしたジンカクテルをご提供できますので、ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!今週も月曜〜土曜、19時〜25時まで営業しております。

Among the many craft gins available at bar miyako, Sipsmith gin is made by a microbrewery established in London in 2009 using traditional copper pot stills – the first copper-pot distillery to open in the city since 1820. The gin is made in small batches using three different stills, charmingly named Constance, Prudence and Patience. The swan necks on these lady stills are said to be the inspiration behind the firm’s iconic label design. 

From left: the crisp London Dry Gin, the turbo-charged V.J.O.P (Very Junipery Over Proof), made with more than twice the juniper used in the Dry Gin and packing a nice punch at  57.7% ABV, and the Raffles 1915, made with Asian botanicals such as jasmine and lemongrass especially for the Raffles Hotel in Singapore, to commemorate the 100th anniversary of Singapore Sling cocktail. If your interest is piqued, please do stop by for a lovely Sipsmith cocktail!  We’re open 7pm to 1am, Monday to Saturday.