bar miyako and changing seasons gin

久しぶりに新しいジンのご紹介です!#barmiyako で既に愛されているブラッディシラーズなどを手掛けるオーストラリアのフォーピラーズ蒸留所と日本が誇るクラフトジン、季の美を世に出した京都蒸留所との夢のコラボ「チェンジングシーズンズジン」。

豪州と日本の四季折々のボタニカルが織りなす爽やでフルーティーな味わいがたまりません!(ボタニカルにはオーストラリア産デザートライムやグリーン柚子に日本産檜や玉露、金木犀などを使用。)限定品のため、ご興味のある方はお早めに!

今週の bar miyako は月曜〜金曜の19時〜25時まで営業してます。引き続き、可能な限りの感染防止対策をとった上で皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!なお、11日はお休みになりますが、ご了承ください。

bar miyako has a new gin! Changing Seasons Gin, a collaboration between Australia’s Four Pillars Distillery, which bar miyako patrons most likely know best for its amazing Bloody Shiraz Gin, and the Kyoto Distillery, which has graced the world with the delightful Kinobi.

The gin blends Australian botanicals such as desert lime and green yuzu and Japanese bontanicals like hinoki, kinmokusei and gyokuro green tea to create an amazing spirit bursting with zesty and fruity flavors, perfect for all seasons. Supplies are limited so please come soon if you’d like a taste!

This week the bar will be open from 7pm to 1am, Monday through Friday (but closed on Saturday, July 11). I’ve made the bar as clean and safe as possible, so hope to see you all soon!

bar miyako and gin relay: opihr gin

こちらはフェースブックで投稿したものですが、ウェブサイトでもシェアさせていただければと思います。

***

「ジンリレー」
バーKnightの石川さんから #ジンリレー のバトンをつないでいただきました。思い出のジンとエピソードを語り、2人に繋ぐという企画ですが、頑張ってチャレンジします!

<オピア>
周囲の心配と反対をよそに会社を辞め、夢だったバーを開業するために学校に通っていた3年前。家で練習するためのジンを買いに行ったところ、見たことのないこのジンが。ボトルの美しさにつられ購入したところ、衝撃が走りました。なんじゃこりゃ〜?!まさかの…カレー味?!

ここまでスパイスで個性が出せるものかとびっくりし、ジンの奥深さに気づかされました。そこから私の終わりなきジン巡りの旅が始まり、いつの間にかお店には世界のジンがたくさん並び、ジン好きの方も集まってくださるようになりました。大好きなジンはたくさんありますが、このカレー味のジンと出会えたことに感謝する日々です。

そして、いただいたバトンはバー学校時代に一緒にジントニックを作り、苦楽を共にした大好きな女性バーテンダー2人に託したいと思います!

荒木町の Bar一葉の山口七重さんと横浜の Bar La Pommeの佐野夏織さん、どうぞよろしくお願いします!(私たち、一部では三姉妹と呼ばれてます。笑)

A good friend and fellow bartender nominated me for the Facebook “gin relay,” where you introduce a memorable episode involving gin, and then pass the baton to two other people. I thought I’d share this here for all you gin lovers out there.

Gin Relay : OPIHR gin

Three years ago, when I was attending bar school after leaving the corporate world, I stumbled upon this gin at the local liquor store. Enchanted by the label, I took it home and found, to my utter surprise, it tasted like curry!

Floored by how gin could be so amazingly unique, I started on a quest to taste as much gin as I could, and before I knew it, my bar was lined with gin from around the world, and filled with people who love the spirit. While there are many gins that I love and believe worthy of highlighting, I am most grateful for the twist of fate which led me to this curry-flavored bottle.

And to pass the baton, I nominate two lovely ladies – my friends and fellow bar school class mates, who I spent countless hours making gin and tonics with. Nanae Yamaguchi, who runs Bar Ichiyo in Yotsuya and Kaori Sano, who runs Bar La Pomme in Yokohama – you’re up next!