bar miyako and kavalan

bar miyako では、スコッチやバーボン、ジャパニーズウィスキーに加え、最近人気上昇中の台湾ウィスキー、カバランもご提供可能です!

なめらかで飲みやすいディスティラリーセレクトNo.2はハイボールや水割り、ポルトガルのワイン樽で熟成したフルーティーで芳醇なソリストビーニョバリックはストレートやロックなどで楽しむのがお勧めですが、ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください。

今週は平日の19時〜25時、土曜日の19時〜24時まで営業しております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

In addition to scotch, bourbon and Japanese whisky, we also have Kavalan, the Taiwanese whisky rapidly gaining international recognition and popularity.

The smooth and approachable Distillery Select No. 2 is great as a highball, while the Solist Vinho Barrique, finished in American oak and Portuguese wine casks, is lovely neat or on the rocks, so please stop by if your interest is piqued.

This week, we’re open from 7pm to 1am on weekdays, and from 7pm to 12am on Saturday. Hope to see you all back at the bar soon!

bar miyako reopens on may 7

ゴールデンウィークももう最終日…明日(5月7日)から社会復帰の方も多いかと思いますが、bar miyako も5月7日から再開、今週は平日の19時〜25時まで営業しております。

楽しい連休が終わると少し寂しい気分になりがちですが、そんな時にはちょっぴりメランコリーな名前のアイリッシュウィスキー、「ライターズティアーズ(作家の涙)」はいかがですか。アメリカンオークのバーボン樽からくるハニーやバニラの甘さの中に(気のせいか)ほんのり涙のようなしょっぱさが入り混じる魅力的な一杯です。ご興味のある方はぜひ!

Golden Week is drawing to a close. If you’re feeling a bit melancholy, why not try some aptly named Writers Tears Irish whiskey when we return from the holidays on May 7?

Aged in American bourbon oak casks, it’s light and sweet with a tinge of (teary?) saltiness. Perfect for anyone who has ever shed a tear when paying tribute to the written word, or for anyone who just enjoys a light and refreshing whisky in the evenings. Cheers!