bar miyako and french gin

 

フランスのお酒と言えばワインやシャンパンが有名ですが、最近はジンも頑張ってます! #barmiyako ではフランス産のジンをいくつか揃えてますが、どこかフランスらしさが光る、ユニークなものばかり。通常の穀物ではなく、りんごや葡萄を原料にした珍しいものなどもありますので、ご興味のある方はぜひ試しにいらしてください!今週も月曜〜土曜、19時〜25時まで営業しております。

写真左から:カルヴァドスで知られるクリスチャン・ドルーアン社のル・ジンは30種類のりんごがベースの爽やかですっきりなジン。クリーミーさの中にスパイスも効いたBR(ブルーリボン)エッセンシャルジンのBRはコルドンブルーが由来。アルザス地方の蒸溜所でアンティークの純金のポットスチルで蒸留されているゴールド999.9ジンは華やかで優しい上品な味わい。その昔は南仏プロヴァンスのトラピスト派エギュベル修道院の工場で製造されていたというエギュベルは甘く、優しく、余韻の長いジン。ジーヴァイン・フロレゾンはフランス・コニャック地方原産の白ブドウを原料としたフローラルでエレガントなジン。

France is world renowned for its wines and champagnes, but its delicately crafted gins are also just as noteworthy. We have several French-made gins available at bar miyako, all with a unique flair and a certain je nai sais quois which makes them quite delectable! We’re open every day except Sundays and national holidays, from 7pm to 1am, so please stop by if you’d like a taste!

French gins from photo left: The floral and fruity Le Gin, made by well-known Calvados producer Christian Drouin and which uses some thirty varieties of cider apples as its base spirit; the soft and creamy BR (Blue Ribbon, named for Cordon Bleu) Essential London Dry Gin;  the floral and fruity Gold 999.9, distilled in a pure gold pot still in the Alsace region; the gentle and long-lasting Eyguebelle gin, originally made by Trappist monks at the Aiguebelle Abbey; and the deliciously fresh and floral G’Vine Floraison, made with grape spirit instead of normal grain spirit.  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA