bar miyako and colombian aged gin

 

今週はサトウキビを原料としたコロンビア産のジンのご紹介です。ラム酒の製造で使用されたオーク樽で熟成させたディクタドール コロンビアン エイジド ジンのオートドキシ(左)とトレジャー(右)。ディクタドールはラム酒で有名なブランドですが、ジンも大好きだった作り手が、コロンビアでジンを製造するために何度も研究を重ね作りあげたのがこのユニークなジンです。

果実・香草・スパイス・柑橘などのボタニカルの新鮮さと樽熟成によるなめらかさの絶妙なバランスが体験できるジンですので、ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!

今週も #barmiyako は月曜〜金曜の19時〜25時、土曜の19時〜24時まで営業しております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

Colombia is known for being home to a host of wonderful rums, but it also has some very interesting aged gin: Dictador Orthodoxy (left) and Treasure (right), created by the makers of Dictador Rum. The story behind these bottles is that the former president of the company loved gin so much he went about making his own, with the result being a set of lovely smooth and well-rounded gins, made with a unique selection of botanicals and aged in rum barrels.

bar miyako is open this week as usual from 7pm to 1am on Monday to Friday and from 7pm to 12 midnight on Saturdays, so please come in if you’d like a taste!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA