bar miyako and bogart’s gin

“Of all the gin joints in all the towns in all the world, she walks into mine” — Rick Blaine, Casablanca

不朽の名作「カサブランカ」などで有名なアメリカの俳優、ハンフリー・ボガートをイメージしたクラフトジン「ボガーツ・リアル・イングリッシュ・ジン」を入荷しました!オランダとイギリスの血を引いていたボギーは、オランダで発明され、イギリスで完成されたジンが普段から大好きだったとのこと。それを受け、ハンフリー・ボガートと女優のローレン・バコールとの間の息子、スティーブン・ボガートが運営するボガート財団がROKドリンクス社とコラボし、2014年に誕生させたのがこのボガーツジン。

ボタニカルとして砕いたマカダミアナッツや新鮮なシトラスの皮を加え、優しく、クリーミーでどこかほのかにヨーグルトのような爽やかさのある不思議なジンです。トニックで割ってもマーティーニにしても美味しく飲めますので、ご興味ある方はぜひ遊びにいらしてください!

今週の #barmiyako ですが、3月28日(水) は早い時間が貸切りのため、通常営業は22時からになりますが、その他は月〜土、19時〜25時まで営業しております!

The latest addition to bar miyako’s gin collection is Bogart’s Real English Gin, named for the Hollywood film icon Humphrey Bogart. The gin was created in 2014 by the Bogart Estate, in collaboration with ROK Drinks. According to the Estate (managed by Stephen Bogart, son of Bogart and Lauren Bacall), Bogie was of Dutch and English descent and thus loved gin, which was invented in The Netherlands and perfected in England. Bogart’s gin is soft, smooth and creamy, with notes of macadamia nuts and fresh citrus. It works great as a gin and tonic or as a martini, so please stop by if you’d like a taste!

This week, bar miyako will be open from 7pm to 1am from Monday to Saturday, except for Wednesday, March 28, when we’ll open a bit later than usual from 10pm due to a private party.  Thank you so much for your  understanding and hope to see you soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA