bar miyako and scottish gin

 

スコットランドはモルトウイスキーの本場ですが、実はジンの生産地としても大活躍中!世界的ジンブランドのタンカレーとゴードンの他、多くのクラフトジンを含む約140種類のジンが現在スコットランドで生産されているそうです。 #barmiyako  では、そのほんの一部ですが、面白いスコットランドのジンを何本かご用意していますので、ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください。

写真左から:ブラックウッズはスコットランド北部のシェットランド諸島のボタニカルを多く使い、芳香ですっきりとした口当たりのジン。カオルンはウイスキーで有名なスペイサイド、バルミニック蒸留所が生産、ヘザーやタンポポ、ローワンベリーなどのケルト植物を使用したフルーティーなのにすっきりしたジン。ヘンドリックスは11種類のボタニカルに独自レシピのきゅうりとバラの花びらをブレンドした、世界中で愛されている華やかでフローラルなジン。ザ・ボタニストはウイスキーで有名なアイラ島のブルイックラディ蒸留所が手がけ、22種類のアイラ島産のボタニカルを含んだトゲがなく、ソフトで飲みやすいジン。オールドラジは、ボタニカルの一つに高価なサフランを使用した珍しい、少し黄金がかったジンで、55度(青字ラベル)46度(赤字ラベル)の2種類をご用意してます。

今週も bar miyako は月曜〜金曜の19時〜25時、土曜の19時〜24時まで営業しております。皆様のお越しをお待ち申し上げております!

Scotland is famous for its Scotch malt whiskys, but it’s also a huge producer of gins. In addition to turning out global bestsellers Tanqueray and Gordon’s, Scotland is home to around 140 different gins, including a large array of delightful craft gins. At bar miyako, we have a few of these interesting Scottish gins available, so please stop by if you’d like a taste!

From photo left: Crisp and richly aromatic Blackwood’s is made with botanicals from the Shetland Islands. The fruity but crisp Caorunn is produced by the Balmenach whisky distillery in Speyside with Celtic botanicals like heather, dandelion and rowan berry. Hendrick’s, loved the world over as the pioneer of craft Scottish gin, includes a special recipe of cucumber and rose petal infusions. The Botanist is created at the Bruichladdich distillery on Islay and includes 22 native botanicals which make it a smooth and balanced gin. Old Raj has a unique slight golden tint — a result of the post-distillation addition of saffron. Available at either 55 degrees (blue label) or 46 degrees (red label).

bar miyako is open as usual this week from Monday to Friday from 7pm to 1am and on Saturdays from 7pm to 12midnight. I hope to see you all soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA