bar miyako and charlie chaplin

4月16日はアメリカの喜劇王、チャーリー・チャップリンの誕生日!彼の生誕130年にちなんで今週ご紹介するのは、彼の名をとったカクテル、スロージンとアプリコットブランデー、レモンジュースで作るチャーリー・チャップリン。一般的に喜劇で知られるチャップリンですが、どことなく彼の哀愁と切なさをも感じられるすももと杏が効いた甘酸っぱい仕上がりになっていますので、ご興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!

なお余談ですが、チャップリンには日本史に関わる逸話があるのはご存知ですか。1932(昭和7)年5月15日に海軍将校・陸軍士官学校候補生らが決起して首相官邸を襲撃し、当時の首相の犬養毅を暗殺した「五一五事件」。実は、来日中で15日に官邸でレセプションに参加予定だったチャップリンも、アメリカの象徴だとされて狙われていたとか。ただ、彼は相撲を見に行きたいというわがままを通し、レセプションの日程を変更してもらったため、一命をとりとめたとのことです…

新時代を迎えようとする今の日本が平和であることに改めて感謝を込めて一杯いかがですか。今週の #barmiyako は通常通り平日の19時〜25時、土曜の19時〜24時まで営業しております。みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

This year, April 16 marks the 130th anniversary of Charlie Chaplin’s birth! As such, we’d like to introduce the eponymous cocktail created in honor of the famous silent movie icon. Made with sloe gin, apricot brandy and lemon, the cocktail is sweet but refreshing, so please stop by if you’d like a taste!

One interesting episode with regard to Chaplin and Japan: he was said to have been one of the assassination targets in the 1932 “May 15 Incident,” a military coup that resulted in the assassination of Japanese Prime Minister Tsuyoshi Inukai. Chaplin had been visiting Japan at the time and had been slated to attend a welcome reception on May 15, but luckily, he had decided to watch a sumo match on the day and the reception was postponed. What a close call!

#barmiyako is open this week as usual from 7pm to 1am on weekdays and from 7pm to 12 midnight on Saturday, so we hope to sell you all back at the bar soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA