bar miyako and tanqueray

 

このところのクラフトジンブームで、数多くのユニークで美味しいジンが世に出ていますが、たまには昔から愛される王道のプレミアムジン、タンカレーはいかがですか。

タンカレーは1830年、ロンドンのブルームズバリー蒸留所で設立者のチャールズ・タンカレーが20歳代という若さで生み出したプレミアムジン。そのレシピと製法は、現在にいたるまで門外不出とのことですが、その味わいからジンのロールズロイスとも称されることも!bar miyakoでは4種類のタンカレー(タンカレーロンドンドライジン、タンカレーナンバーテン、タンカレーラングプール、タンカレーブルームズバリー)を用意しておりますので、それぞれの詳細と味わいについてご興味のある方はぜひお店で!

今週もbar miyakoは月曜〜金曜の19時〜25時、土曜の19時〜24時まで営業しております。みなさまの起こしを心よりお待ち申し上げております。

The abundance of unique and delectable craft gins available today make it a great time for gin lovers, but sometimes its nice to step back and remember the long-loved classic premium gins, such as Tanqueray.

Tanqueray gin was initially distilled in 1830  in the Bloomsbury district of London by founder Charles Tanqueray, who was in his early 20s at the time. The recipe is a closely guarded trade secret, but its dry and crisp taste is loved by many around the world and is sometimes referred to as the Rolls Royce of gin. At bar miyako, we have four types of Tanqueray (Tanqueray London Dry, Tanqueray Number Ten, Tanqueray Rangpur and Tanqueary Bloomsbury) so please come in if you’d like a taste and to find your favorite type.

This week, bar miyako is open as usual from 7pm to 1am on Mondays through Fridays and 7pm to midnight on Saturdays. Hope to see you all again soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA